GOOD NATURE STATION

京阪ホールディングス

心と体にいいこと、
もっと楽しもう。
「GOOD NATURE」という
新しいライフスタイルを提案。

2019年12月9日、京都の中心部四条河原町にグランドオープンした新複合施設「GOOD NATURE STATION」のコンセプト開発から施設開発・デザインまでをトータルディレクションしました。

ロゴマーク
コンセプトムービー

BACKGROUND

京阪ホールディングスが推進するBIOSTYLEプロジェクトのフラッグシップとして、新しい時代のライフスタイルを提案できる、これまでにない複合施設を作り上げることが課題でした。

CREATIVE IDEA

「これからはTRAIN STATION ではなく、LIFE STATIONを作るべき」という大きなビジョンのもと、次世代複合施設のコンセプトとして「GOOD NATURE」という新しい考え方を提案。「GOOD NATURE」とは、ストイックになりがちなビオやオーガニックを誰もが気軽に楽しむことができ、心と体が、そして人と地球が元気になれる、これまでになかった自然志向のスタイルです。新しい思想を施設名称にもそのまま採用し、「HELLO! GOOD NATURE. GOOD-BYE! BAD NATURE.」を掛け声にトータルディレクションを実施。建築チームやインテリアデザインチームとも連携をとり、館内サインやさまざまなツール類のデザインから、ホテル、マーケット、レストラン、ショッピングエリアまでのディレクションを行いました。

FACILITY

施設すべてが「GOOD NATURE」

1F マーケット/レストラン、2F プレミアムガストロノミー、3F コスメ/ヘッドスパ/カフェ、4~9F ホテルのすべてで、さまざまな形の「GOOD NATURE」を展開。さらに、館内の音楽、パブリックアート、サインデザインなど、館全体を連鎖させる仕組みを検討し、お客様が回遊できる環境を提案しました。

地元産野菜やオーガニック食品を扱うマーケット(1F)
自然派の雑貨ショップや美容施設が入るスタジオ(3F)
心と体の心地よさを追求した新発想のホテル(4F~9F)
天然木を基調とした温もりある内装のホテル客室

展開性のあるV.I.を開発

GOOD の「O」と「○(まる印)」。そのふたつの意味を込めて、館内デザインやツールなど、さまざまなところに「O」を展開しました。

客室アメニティ
館内サイン
ホテルギャラリー(4F)

施設概要

  • 名  称:GOOD NATURE STATION(グッド ネイチャー ステーション)
  • 開 業 日:2019(令和元)年 12 月 9 日(月)
  • 所 在 地:〒600-8022 京都市下京区河原町通四条下ル 2 丁目稲荷町 318 番 6
  • アクセス:京阪電車・祇園四条駅より徒歩 5 分、阪急電車・京都河原町駅より徒歩 2 分
  • 階 数:1F/GOOD NATURE MARKET 2F/GOOD NATURE GASTRONOMY 3F/GOOD NATURE STUDIO 4F~9F/GOOD NATURE HOTEL KYOTO
  • 延床面積:27,628 ㎡ 駐 車 場:211 台 備 考:3 階部分で髙島屋 京都店と接続
CREDIT
  • CD:小西利行(POOL inc.)、是永聡(POOL inc.)
  • AD:丹野英之(POOL inc.)
  • C:小林麻衣子(POOL inc.)
  • PM:明山淳也、北澤みずき
  • Pr:内島来(POOL inc.)、信多一慶(POOL inc.)
  • D:高橋千佳(POOL DESIGN inc.)、桑原加菜(POOL DESIGN inc.)
  • Agency:POOL inc.
  • 設計協力・監理者:株式会社東洋設計事務所
  • 施工者:株式会社大林組
  • Client: 京阪ホールディングス株式会社、株式会社ビオスタイル